還暦祝いに贈った胡蝶蘭

私の母が還暦を迎えるお祝いの時に、私は遠方に住んでいてお祝いに駆けつけることが出来ませんでした。

せっかくの還暦を迎える誕生日なので遠方に住んでいるとはいえ本来ならば娘としてはお祝いしに行きたかったのですが、そのころ私は出産して間も無く、生まれたばかりの赤ちゃんを連れては遠出は出来ませんでした。

母もこちらへ来ることは出来なくて、こちらからは還暦のお祝いを考えてお祝いの席に贈ることしか出来なかったのです。

さて母への還暦祝いって一体何が良いのだろうと悩みましたが、母はお花が好きなので花は最初から贈るつもりでした。

他のプレゼントはアクセサリーにする事にして、贈る花を選ぶ時になって私は胡蝶蘭はどうかなと思い付いたのです。

胡蝶蘭ってあまり多くなくてもとても華やかですよね。

いかにもお祝いらしくて良いし、胡蝶蘭ならきっと見栄えも良く母のお祝いの席に相応しいかなと考えました。

十分に高級感もあるので、普段の誕生日のお祝いとは違うのもまた良いですよね。

調べてみると、胡蝶蘭の花言葉は幸運が飛んで来るというもので、益々母のお祝いにはぴったりだと思って決めました。

問題はどこで頼むかですが、今は便利なものでインターネットで検索するとあちこちの花の宅配を取り扱ってるお店が出てきました。

私の考えていた花の予算としては2万円から3万円でしたが、その予算内で十分に見栄えの良い胡蝶蘭が購入出来ました。

注文したのは、世界洋蘭展ブルーリボン賞とか農林水産大臣賞などを受賞した生産者が育てた胡蝶蘭のみ販売しているお店でしたから、信頼できました。

それに、贈った胡蝶蘭の写真もちゃんとこちらにメールで送ってくれる事になっているのも安心でした。

ガラスのメッセージカードも付けて、母の還暦祝いに合わせて届けることが出来ました。

メールで母へ届いた胡蝶蘭の画像を確認したのですが、胡蝶蘭も立派だしメッセージカードもとても素敵で満足でした。

母からも、まさか娘から胡蝶蘭を貰えるなんて思ってなかったよ、ありがとうと喜んでもらえました。

その時、還暦祝いに集まっていた親類からもとても素敵な胡蝶蘭だと言ってもらえたようで良かったです。

その後、胡蝶蘭はフラワーアレンジメントよりも長持ちするので、還暦祝いの後にもしばらく飾って眺めているよ、と母から言われました。

胡蝶蘭なんて贈る機会はなかなかなかったけれど、やっぱり普通の花よりも特別感が出せて贈るには最適です。

父の還暦祝いにも胡蝶蘭を贈ろうかなと考えています。

人生初めての胡蝶蘭購入

親友が店を開店するということで、開店祝いに胡蝶蘭を送ることにしました。

最初は花とだけ決めて、胡蝶蘭を意識してはいなかったのですが花屋を訪れて、その豪華さに目を惹かれました。

特に真っ白な胡蝶蘭は華やかさがあり、気に入ってしまいました。

人に一万円以上の花を送るなんて人生初めての事でしたが、とても喜んでもらえたので良かったです。

胡蝶蘭が選ばれる理由

開花後の世話も簡単でとても長持ちします。

日光を当てすぎたり水をあげすぎたりしなければ2~3か月持ちます。

胡蝶蘭に寿命はないので、また花を咲かせることもできます。

鉢植えなので長く楽しめますし、お祝い事にすぐに枯れてしまう切り花よりも胡蝶蘭のような長持ちする鉢植え(根を下ろすという意味もあります)が喜ばれるようです。

ほかにも花の香りが強いお花や花粉が飛び散るユリなどとは違い、衛生的で迷惑になることもありません。

 

高級で見た目も豪華なので就任祝いや開業祝い等に最適です。

新築祝いや開店祝い、誕生日には華やかなピンクなどもお勧めです。

胡蝶蘭の種類にも色々あり、白、ピンク以外にも女性に人気の赤リップ、明るいイメージの黄色などがあります。

特に人気なのは白い花です。どんなシチュエーションにも合い、存在感があります。

大輪やミディと花びらの大きさも違い、送り先等で種類を選べるのも良いですね。